« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

12月のライブスケジュール

fish寒い  ですね、この国は本当に。もう師走かぁ。

皆様、風邪にはお気をつけください。かなりの猛威を振るってるみたいなので。

12月は楽しい企画満載です。pisces

1日(月) 今岡友美+木全一敏trio  sunny side/天白区

木全一敏(pf) 土田邦雄(b) 今岡友美(vo)

6日(土) 木全一敏trio crayon/津島

木全一敏(pf) 土田邦雄(b)

7日(日) 長瀬良司quintet satin doll/岡崎

長瀬良司(tp) 碓井雅史(ts) 平光広太郎(pf) 安田基朗(b)

11日(木) 宮川純trio swing/新栄 

宮川純(org) 具志亮(as)

14日(日) 平光広太郎trio featuring 棚橋章仁 after dark/岐阜

平光広太郎(pf) 谷井直人(b) 棚橋章仁(gt)

20日(土) 植田ひとみ caballero club/新栄

植田ひとみ(vo) 合田裕則(pf) 岡田勉(b)

23日(火) 碓井雅史quartet+浜崎航(speial guest) stareyes/覚王山

碓井雅史(ts) 宮川純(pf) 徳田智史(b) guest浜崎航(ts)

new24日(水) 牛嶋としこ caballero club/新栄

牛嶋としこ(vo) 中嶋美弥(pf) 加藤雅史(b)

new25日(木) 渋谷みちる caballero club/新栄

渋谷みちる(vo) 合田裕則(pf) 土田邦雄(b)

27日(土) 碓井雅史quartet 稲沢市民会館小ホール

碓井雅史(ts) 長瀬良司(tp) 宮川純(pf) 徳田智史(b)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

愛すべきもの、うん。

fish楽器はミュージシャンにとって相方であり、

武器であり、

商売道具であり。

出会いですね。とにかく重要なアイテムですねゃpisces

昨日共演したトランペッターの長瀬良司さん、

最近ニューウエポンを購入したということで

ライブ前に激写させてもらいました。撮り方えらい下手ですが。

Ca340065

本物はもっとかっこいいスよ、念のため。

詳しいことは分かりませんが、

とてもまろやかで、心地良いサウンド。

長瀬さんにすごく合ってる楽器だと思う。

一度ナマの耳で聴いてみてください。

嬉しそうに相方の話をする彼は、ほんまに子供でした(笑)。

よくギター小僧とかドラム小僧は耳にしますが、

紛れも無くペット小僧です、彼は。

自然に愛してるんだなぁ、楽器を。音楽をnote

話聞いてるこっちまで楽しくなる。

僕もこういう自然さをずっと持っていたいデス。

Cocolog_oekaki_2008_11_17_07_02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ピアニストと幽霊と

今日は金山にあるジャズバーMr.Kenny'sでライブでした。

メンバー変更でピアニストの宇土君との共演。

ライブ後、とっ捕まえてお茶へ。同世代のミュージシャン、

そして数少ない友達の一人(笑)。熱い語りがしばし続きました・・・

Ca340063

←全くやる気の無い宇土君

店を出た後、いつものように練習スタジオへcarぶーんrvcardash

入ってドラムに向かった時から、何か変な感じ。

起きてから体調が優れない1日だったんですが、

頭が朦朧としながらもメトロノーム鳴らしながら叩きまくること約2時間後・・・

急にメトロノームの裏拍が鳴り出したんスよ・・・・・ぎゃーすsign03

ふと見るとツマミがうっすらと上がってました。おー怖。

結構硬いんですけど、このツマミ。

実はこの練習場、借りる前に

「夜はねぇ、わりと出るよ」

って話をされておりまして。

霊感は全くといっていいほど無いのですが、

入り口では毎回挨拶をしてました。  なのにナゼなの(ノд・。)!?

頭も痛くなって動悸もしてきたので

やむなく終了。帰って飯食ったら元気になりました。

それにしてもトリッキーな幽霊ですこと。これからもよろしくお願いします。

Ca340064

←「いや、いきなりだったんで本当にびっくりでした」と話す

Dr.BEATさん(8歳)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大人数サウンド

先日初めてのビッグバンド経験をいたしました。

やっぱり人数が多いだけにコンボとは違う面がたくさんでしたな。

んん、難しい。でもすごい迫力で楽しかったス( ̄ー ̄)

Pap_0061

入り口で、男数人たむろってる光景が、

どう見てもホストクラブのエントランスにしか見えず、

とりあえずおさえときました↓

Pap_0060

リーダー谷利君(tp)、長瀬さん(tp)、碓井君(sax)と。

ブレてるし暗ぇし・・・

元気いっぱいThe Scarlet Jazz Orchestraでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鎌倉フワフワデイズ

そしてその夜(どの夜?)、「セッションでも行くか」ということで

国分寺にあるジャズバーT'sへ。

毎週日曜日は3時からジャムセッションをやっているそうで。

セッションホストは第一線で活躍中のミュージシャンの方々です。

時間はあまり無かったですが、ドキドキしながら店の前に行くと、

なんとベーシストの鈴木勲さんが演奏中sign02

二人して店の前で立ち尽くしてしまった(笑)。いわゆる「尻込み」ってやつです。

せっかく来たので2曲ほど叩いてきましたが、

OMAさんの演奏聴けただけで、もういいやって感じ。

・・・だで、ノーピクチャーですsweat01

ねぐらとなる鎌倉に戻ってからは修行中のギタリスト カワムラヒロシ氏と

jazz談義やギターセッションを繰り返し、変な時間に寝たり寝なかったり。

あまり一緒に演奏する機会はなくなったんですが、

いい感じで邁進中みたいです。いきなりボーカルnoonさんのPVに出たりしてます。

ちぇけらはコチラから→http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A018348.html

さて、鎌倉といえば源氏と平家の合戦の舞台の一つとして歴史深い土地であります。

せっかくなのでサーフィンwaveしよう、と(源平関係無)。

同じく鎌倉にあるサーフショップaxes surfrageの先生とともに、いざ。

さすがプロのサーファー、メチャクチャカッコいい!そして分かりやすい!

ヒロシ氏もガンガン乗りまくってます。

なのにその横で何と「波酔い」しました。しょべぇな、俺( ̄ー+ ̄)

ホントダメ、乗り物とか。

ガンダムのコックピットに入ってバンバンやるゲームやった時とか、

重度の3D酔いになったし。あ、思い出すだけで気持ち悪くなってきた・・・。

結局前半少し乗っただけで後は砂浜でダウンしてました。

Ca340058_2 でも波って気持ちいい。

何か、浮いてるだけで感動する。海ってなんなんでしょう。

とりつかれていく理由が分かります。母なる海mist

そんなこんなでふわふわな数日間でした。次はリベンジwave

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京コミュニケイション

高校からの同級生が結婚するということで、

パーティーにおよばれ。東京へ行ってきました めでたい!

オメデトーshineハマーshine

久々の再会は楽しいですね。笑いすぎで腹と顔の筋肉がヤバカッタ。

せっかく来たので、鎌倉に住むギタリスト(兄)のところへ転がり込む感じで

しばらく滞在してきた感じです。

と、いうことで早稲田大学学園祭に行ってきました←なぜか知らんけど。

その時の様子を隠し撮り。

自分は在学中、「学園祭=学校に行かなくて良い日」な人だったので

あまりの人の多さにかなりビビッてしまった。私大はこーゆーふうなの?おかしいて。

         Ca340042_3

しかしすごいエネルギー・・・。

展示もスゴイ。まぁ一日じゃ廻りきれないくらい多くて。写真展、喫茶店、屋台、ライブetc・・

巡ったのは音楽系中心のトコばっかでしたが。

Ca340044 いろんな教室でライブが行われておりました。

←管のサークルによる

サックス4重奏の演奏。すげぇ綺麗でした。クラシックはいいすね。

Ca340043

←ラテンアメリカ研究会(みたいな名前)。サンバってました。

Ca340045

←「モーニング娘。」!!本物っ!?って急いで入ったら

ちっこくて可愛らしい女子(学生)が、本家の映像にあわて踊るなか、

鉢巻をした殿方が乱舞するという。かなり熱かった。一番笑ったな・・・

Ca340047 ←壁にたてかけた数々のキーボードがいかにもな感じ。

ライブ準備中「フュージョン研究会」。

やはり演目はChick CoreaやMichel Camiloなど。

Ca340049

←しめに行った大きい体育館でのライブ。学園祭はいいすね・・・そう、

タダで見れてしまふcancer。この日は最後の2バンドだけ見ました。

bonobosさんとサンボマスターさん。久々に見たでっかいライブ、

興奮しました。さんきゅーふぉーざみゅーじっく。

 以上、溢れんばかりの学生達のエネルギーに圧倒され、なおかつ

おセンチになってしまった時間でした。えーなー 学生って・・・(´,_ゝ`)

続きはまたー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »